2015年06月28日

全頭飼主の持込みとは・・・高知県の恥ですね!

緊急で里親さんを探して居ます!

2014top-1

20150628-7

20150628-1 20150628-2
20150628-3 20150628-4
20150628-5 20150628-6
1.rennrakusaki

POP

posted by ねことわんこ at 13:27| 高知 ☀| Comment(0) | 緊急転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

高知県食品衛生課「安藤課長」への要望書を送付しました!

遅くなりましたが約束の要望と提案書を県の担当課長に送付いたしました。
お返事を頂戴致しましたら掲載致します。
尚、知事への嘆願書提出の署名活動の準備も進めて居りますので開始致しましたらご協力をよろしくお願い致します。

愛護動物殺処分ゼロを目指して提案と要望について

平成275月吉日

高知県知事 様

高知県食品・衛生課長 様

先日の食品・衛生課 安藤課長とのお話合いの席でお約束して居りました私共からの要望事項をまとめさせて頂きました。

@県知事による「殺処分ゼロ」に向けての積極的な取り組み宣言のお願い!

私共は尾ア知事による「27年度殺処分廃止宣言」をお願いしたいのですが現在の情勢を見ますと知事を筆頭に県職員そして県民挙げて取組みを推進する宣言でも大きな進捗と思います。

知事のお心が県民の心として浸透し関係機関が殺処分廃止に向けて取り組んでくれる事を期待して居ります。

是非、何らかの有効な宣言をお願い致します!

A収容動物たちの譲渡システムの構築を早急にお願いします。

先日の安藤課長との面談時に譲渡に協力して欲しいとの要請が有りましたが私共は無条件での協力はお断り致しました。

本来譲渡活動は管理センターの業務として行うべき事項であり、ボランティアにお願いするのはおかしい話だからです。

譲渡には、対象動物たちのエサ代や治療費、そして里親さんや預かりボランティアさん宅までの搬送費、人件費などの経費が必要となります。

我々は、別途、譲渡部門を新設することを強く求めます。

Bセンターに収容されている動物たちの扱いの改善をお願い致します。

センターを訪れ、或いは画像等見た人から収容犬の保護状況のズサンな所を指摘されて居ます。
犬達を良く見てその個体に合った収容をするとともに、食餌は容器を使い新鮮な水を切らさず、体格や性格の違い過ぎる個体を同じ柵内に保護しない事、季節に合った敷物など使用させる。
糞尿は時間を決めてでは無く見つけたら即清掃するなど衛生面に留意させる事をお願い致します。

Cセンターに臨床経験のある獣医師の常駐を要望します。

私共のプロポーザルの提案には獣医師の常駐と譲渡するすべての犬・猫の不妊手術およびマイクロチップの装着をする事を提案して居りました。
私達では出来て田邊工務店では出来ないと言う事は無いと思いますのでセンターの受託費の中でやらして下さい。

県庁や保健所の臨床経験の無い頭でっかちの獣医が何人いても役に立ちませんから手術の出来る獣医師の常駐を要望致します。

D幼児期(保育園・幼稚園・小学校)における命の教育の実施をお願いします。

教育関係の高学歴の偉い皆さんが研究して作り上げて来られた教育システムですが、何にも優先して行わなければならない命の教育はおざなりになって居ませんか?

弱い者を守る事や犬や猫をはじめ、すべての生き物に対しての思いやりは命の教育から育つのではないでしょうか?

昨今増えて来ている犯罪の初歩には犬や猫への虐待などがエスカレートして起こって居ます!
幼い、汚れを知らない世代に命の大切さを伝える事によって必ず改善されると信じます。
外国語も、数学も大切ですがそれにも優先する教育こそ「命の教育」です!
そして、学校現場や家庭での動物とのふれあいです!
私達愛護団体にも動物とのふれあい教育へのお手伝いをさせて下さい!
馬・ポニー・犬・猫達が必ず子供達にとって良い教材になってくれます。

形だけの年間数件しかやって居ない「命の教育」を全該当箇所での実施を要望致します。

E動愛法(動物の愛護及び管理に関する法律)の県民に対する啓発活動の徹底を!

動愛法について県では高知県民に徹底されていると考えて居られます。
でも、犬や猫を捨てたら100万円以下の罰金が科せられると言う
事すら知らない人が多いのが現状です!
餌をやらない、水を与えない、世話をしない、病気なのに放ったらかしにしている、など飼養放棄なども罪になります。
高知県では要らなくなった犬や猫は保健所に持って行けば処分してくれると簡単に考えて、まるでごみを捨てるようにセンターや保健所に持ち込む人も少なくありません!
そして、センターや保健所もほゞ全てを持込み者を説得する事無く引き取って居ます!
他県では、持込み時の説得や指導によって引取数が劇的に減った県も有ります!
県民は動愛法が何か?
その法律で守られているのは何か?
違反するとどんな罰則が有るのか?
等を知らないで間違いを繰り返して居ます。
県下全域に動愛法を徹底的に、あらゆるメディアを使い、またあらゆる機会を使い、そして全部の学校でも説明し、周知徹底して下さい!
法律を知らしめるのは行政の責任ではないでしょうか?
F全頭に迷子札及びマイクロチップの装着を義務化して下さい!

最近全国的にセンター収容の犬について迷子犬が増えて居ますが高知の中央も中村も例外ではありません!
迷子犬を無くする近道は全頭迷子札とマイクロチップの装着を義務付ける事です!
マイクロチップは早急に県下獣医師の皆様にも装着体制を整えて頂くとして(我が家の愛犬の掛かりつけの動物病院は5月には未だできませんでした。)迷子札はすぐにでも装着可能です!
先月でしたか、南国市の愛護団体が迷子札を配布すると言うFB記事を読みましたが県下全域に行政が配布するか、狂犬病の予防接種で利益が有る獣医師会がご負担下さって配布されるかご検討願いたいものです!

鑑札や予防注射済み証は無くしたらと考えると首輪への装着を躊躇する人も多いと思います。
飼主と住所・電話番号・犬の名前位書かれて居ればOKですので首輪に装着可能なケースであればよいと思います!
一頭当たり100円までで可能ではないでしょうか?

G動物愛護推進員・動物愛護指導員について

県が任命して居る推進員や指導員がどんな活動をして居るのでしょうか?

センターに出向いて状況を把握し改善に向けて活動して居ますか?

各市町村において区長会やその他各団体等と連携・協力して愛護法を啓発したり、動物の飼い方などの教育をやって居ますか?

名誉職や持ち回りの役職であれば廃止して本当に動物たちの立場に立って、動愛法や飼い方その他親身に活動できる人達に新たな役職を与えて下さい!

なりたい人や行政が頼みたい人では無く現場が必要とする人達にお願いして下さい!

愛護団体や殺処分ゼロに向けて活動している巷の名も無い活動家たちに委託し地元で地道な活動をして頂いた方が高知県の為に良い結果を出してくれると信じますが如何お考えでしょうか?

H殺処分ゼロ推進の官民の合流を!

県主導(センター)で譲渡活動を推進している団体、個人を結集されて殺処分ゼロ推進協議会的なものを組織され意見を出し合いながら最良の方向に進めませんか?

現在は各組織の考え方がバラバラな為に譲渡先を募集してやっと探しても官の方で譲渡の妨害をするなど目的が統一されて居ない事例が多発して居ます。

目的を絞れば自ずと何が大切かが見えて来ると思いますが如何でしょうか?

I高知県中央小動物管理センター長の交代を要望します!

殺処分ゼロに向けての中心的な立場の役職に有るものが収容する動物たちに対する思いやりも無いような冷酷な性格の持ち主がなぜその職にあるのか?

田邊工務店は収容した犬や猫を生かす事より殺す方向で運営しているからにほかなりません!

動物愛護に真剣に取り組む事が出来る人にこの職には就いて頂きたいです。

出勤して一度も収容動物の様子を見る事もせず、触る事も出来ない者に動物行政に携わって欲しくないですから即刻更迭を要望致します!

J小動物管理センター運営の分離委託を提案します!

少人数で遠く離れたセンターを一括管理するよりも中村センターは幡多地区の団体に委託した方が効率良く運営できると考えます。

地元業者が地元に有った運営で殺処分ゼロを目指し、地道な活動をやらせて結果を出させて下さい!

K高知県食品衛生課・高知市担当課・各保健所の担当員はセンターに行って動物たちと直接向き合って下さい!

机上で事務的に動物たちの命を左右するのは役人の傲慢であると考えます。

触り、撫でて抱いた動物、甘えてくれた動物、目を見て話した動物たちの命を簡単に奪えるのか考えて下さい!

収容される犬も猫も何の罪も犯してはいません!

むしろ、罪を犯したのは高知県民の方ですがなぜ罪を犯して居ない犬や猫が罰せられるのでしょうか?

最大限の期間を与え、最大限の方策を講じて命を繋ぐ努力をして下さい!

動物たちの生殺与奪の権利はどんな階級の人間にも与えてはいけないと思います。

その権限が有ると錯覚している人は人の驕りではないでしょうか?

以上

お忙しい事と思いますが時間が掛かってもお返事を頂きたくお願い致します。
なお、この質問、要望事項と、ご回答に関しましてはブログ及びフェイスブックにて
公開させて頂きますのでご了承下さい。

最後に、官民挙げて協働で高知県から殺処分ゼロが達成できるまで、全国の皆さんが納得できる活動を継続できます様にお願いをいたします。

高知県から殺処分ゼロを目指す
あしずりダディー牧場命の会

posted by ねことわんこ at 23:13| 高知 ☁| Comment(0) | 緊急報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

時間が有りません!

緊急拡散お願いします!

2014top

20150615-3
20150615-1

20150615-4
20150615-2

1.rennrakusaki

POP

posted by ねことわんこ at 09:01| 高知 ☁| Comment(0) | 緊急報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする